ホームページ公開準備編

ホームページ公開に必要なドメイン、サーバー準備からWordpressで使用するおすすめテーマをご紹介します。

 0000-00-0000

text

お問い合わせは
メールフォームからお願いします。

WordPress豆知識

無料テーマについて

だいたいが配布サイトのクレジット表記というものを全ページの下部に表示されております。
例.Powered ○○○、Edit by ○○○ 等
このクレジット表記をとっていいかどうかはそのテーマ配布サイトによってまちまちです。

だいたいがクレジット削除用の有料プラグインで消すといった形になります。
もしくは代金と引き換えでクレジットが記入されていないテーマの受け渡しになるでしょう。

ごくまれに「消してもいいですよ、ただし消し方は教えませんが」というところもあります。・・・こんなサイト様のテーマは時々お世話になっております。

やっぱりクレジット表記されていないのがいいですよね★

有料テーマはほとんどクレジット表記されておりません。
一部のテーマ配布サイトでは別料金となっている所もありますが、テーマ料金と合わせてもそんなに高くはならないでしょう。

あるとないでは信用度がちょっと違うかもしれません。

有料テーマと検索エンジン対策について

「SEO(対検索エンジン)に強い」というウリの有料テーマが氾濫しすぎて、どのテーマがいいのかさっぱりな今の時代。
天下のグーグルさんは「内容で勝負」とのとこ!

つまりある程度SEOに強いテーマを選び、記事を充実させることが一番ですね。

テーマを直接編集する時には「子テーマ」の準備を!

このデザイン好きだけど、こんな機能を入れてみたい、ちょっとだけ文を追加したい・・・。
追加したい機能があるプラグインがあればいいけどない場合は「諦める」か「テーマを直接いじって追加してやる」ということになります。

テーマを直接編集したい場合は「子テーマ」を準備して、
そちらで加工・編集しましょう♪

テーマが更新されると、せっかく編集した部分もリセット(無くなって)しまいます。
子テーマを作っておけば、どのファイルを編集すればいいのか一目瞭然(多分)!

ちなみに子テーマは準備されている所とされていない所がありますので、ない場合は自分で用意しましょう。

詳しいやり方は近日公開します。

稼ぐテーマの設計図 ワードプレステーマ「AFFINGER4」付

ソースネクスト:引っ越し

更新日:

Copyright© ホームページ公開準備編 , 2019 AllRights Reserved.